FAGAをまとめてみた

FAGA(女性の薄毛)

FAGAとは女性男性型脱毛症です。通称、女性の薄毛といわれ、昔は男性の脱毛症(AGA)と同じと考えられていました。しかし、FAGAは男性のそれとは違います。FAGAのFは英語のFemale(女性)をさし、男性型脱毛症は部分的に薄くなるのに対し、FAGAは髪が全体的に薄くなっていきます。また、20代の若い世代でも発症するのがFAGAです。

もしも、頭髪の一部が円形に薄くなっていたら、円形脱毛症の疑いもあります。FAGA(女性の薄毛)と円形脱毛症は別の症状なので、皮膚科にいくことをおすすめします。

・参考サイト

円形脱毛症.com 円形脱毛症の症状と特徴

女性薄毛の原因

FAGAの原因は女性ホルモンの影響です。男性の場合は男性ホルモンが原因、ジヒドロテストステロンの影響がほとんど。このホルモンが髪の成長を抑えAGAに。

AGAメディカルケアクリニック 薄毛とホルモンの関係

女性の場合は女性ホルモンの減少、女性ホルモンが少なくなり、男性ホルモンが相対的に多くなります。発毛はするけど髪が育たない。女性ホルモンには髪を育てる作用があり、FAGAになるとその機能が低下します。分かりすい例は、日本人女性の髪質です。

日本人女性の平均的な髪質は直毛で硬い。男性のほうが髪は太そうですが、男性ホルモンには髪を育てる作用がありません。女性ホルモンで髪を育てます。FAGAになる前は抜け毛が増え、全体的に髪が薄くなっていきます。びまん性脱毛症とも呼ばれ、さまざまな原因が考えられます。

FAGAになる原因は鉄欠乏、栄養不足、無理なダイエット、生活習慣、ストレス、ピルによる影響などさまざま。クリニック医師すらよく分からないそう。とくに、20代女性はダイエットのために食事制限、社会人になったことでのストレス、避妊薬の使用などでFAGAになることも。もしも、心当たりがあるなら医師に相談できます。

あすか製薬 年齢とともに変化女性ホルモン

サワイ健康推進課 薄毛に負けない!

花王 人種による髪の違い

Ash美容室 男性と女性の髪質の違い

クレアージュ東京 女性特有の薄毛FAGAの原因

FAGA用の育毛剤はある?

女性の薄毛に効果がある市販の育毛剤は、大正製薬リアップリジェンヌしかありません。その他、育毛剤は発毛効果はなく、頭皮や髪に栄養を与えて育てる育毛剤です。女性用育毛剤を使うのは抜け毛が気になりはじめた、頭皮環境を改善したいときなど。育毛剤を使うことで保湿やかゆみを抑える、頭髪に栄養を与えるなどできます。

ですが、すでにFAGAなら治療が必要です。リアップリジェンヌはミノキシジル配合なので、効果はあると思いますが、それってあってる?病院ならくすり処方やケアもしてくれます。

FAGAに保険適用はされる?

FAGAは健康保険が適用されません。理由は、命への危険性はないからです。女性の薄毛治療は美容系クリニックが多く、治療費は高いといわれています。この治療費が高いのは保険が適用されないからで、しっかりした薄毛治療を受けられます。審美歯科でするホワイトニングと同じです。

日本には公的健康保険があるので安く感じるだけ。アメリカなどは公的な健康保険がないので、病気になると莫大な治療費が掛かり初診も言い値。FAGA治療は特別高くはありません。

Dクリニック大坂メンズ AGA治療に保険は適用される? 

アメリカの医療費について

女性の薄毛治療法とは

FAGAの治療法はくすりや再生医療など、共通するのは、国民健康保険は適用されません。円形脱毛症の場合は免疫疾患が原因なので男女問わず国民健康保険は適用されます。FAGAの治療法は治療薬が多く、有名なのはミノキシジル、パントガールなど、発毛作用がありますが副作用も。オンラインのクリニックなら医師が診察あとに処方してくれます。

ミノキシジルの副作用は多毛症、めまい、血圧低下、頭痛、動悸などありす。ミノキシジルは通販もありますが危険、怪しいサイトや海外から輸入など。オンライン診療のクリニックもあるので、専門の医師がミノキシジルを処方してくれます。

病院に通えるなら、頭皮への注射や自毛植毛、再生医療など治療法の幅が広まります。FAGAは完治できないといわれますが、改善はできるので治療を早くはじめませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました