オレフィンスルホン酸ナトリウムを調べてみました

髪質、成分など

 
オレフィンスルホン酸ナトリウムは、
安価なアミノ酸系シャンプーによく使われる洗浄成分。
この成分は安価で洗浄力が高く、
ラウレス硫酸Naと同じくらい強い洗浄力があります。

また、オレフィンスルホン酸Naは脱脂力があるので
使い続けていくと髪を痛めたり頭皮を痛めることも。
特に、ブリーチやカラーをしてるなら、
色が落ちたり変色する可能性もある成分です。

さらに、健康的な髪にダメージを与え、
きしんだり髪がバサバサになったりします。
刺激緩和としてベタイン系が配合されますが、
強い洗浄力なので効果には疑問も。

オレフィン(C14-16)スルホン酸Na入りの
安価なシャンプーは髪と頭皮の負担になります。
試しに、このシャンプーで手を洗うと、
つっぱる感じがすると思います。それが頭皮の状態。

頭皮が乾燥すると乾燥肌によるフケや
肌荒れがおきて脂漏性皮膚炎などになる可能性も。
アミノ酸系洗浄成分はいくつか種類があり、
適度な洗浄力と髪のツヤを整えるのもあります。

ボタニカルなアミノ酸系だから安心ではなく、
ラウロイルメチルアラニンNaなど
髪にいいアミノ酸系成分を見て選ぶことが重要です。

化粧品成分オンライン オレフィン(C14-18)スルホン酸ナトリウム

美容室MagentaRoomByHANAMIZUKI シャンプーの選び方についての大人な理解とは。

シャンプー解析ドットコム (C14-16)オレフィンスルホン酸ナトリウム

.

コメント

タイトルとURLをコピーしました