オーガニックシャンプーなのにきしまないさくらの森ハーバニエンス

さくらの森からリリースされているハーバニエンスはオーガニックシャンプーのため、髪がきしまないのか心配されているかもしれません。

ハーバニエンスはどういったものかというと、保湿しながらサラサラとまとまる髪にするシャンプーとコンディショナーです。コンディショナーにもこだわりがあり、地肌につけても負担がないから髪の根元から栄養を与えてうるツヤをだします。

オーガニックシャンプーがきしむのは、洗浄成分と保湿成分などが関係しています。洗浄成分が強すぎると髪の負担が大きくなりきしみます。保湿成分が配合されていても量が少なければ保湿効果はほとんど期待できません。

うねりや絡みがひどくなったり、カラー持ちが悪いなら、たとえばキューティクルがところどころ剥がれ、太い部分と細い部分があるため、くせ毛のような絡みがでたなら、成分が合っていなかったり、シャンプー方法が悪いのかもしれません。

そういったこともあるため、ハーバニエンスは髪に負担の少ない洗浄成分を配合しているから、きしみが少なく、自然なうるおいとツヤがでます。洗浄成分がいくらよくても脱脂といい、髪と地肌は乾燥するため保湿成分も多く配合していなければ、うるおいやツヤはでません。

スキンケアは洗顔ばかりではなく、化粧水や美容液によって保湿や栄養を与えます。ヘアケアも洗うだけではなく、保湿や栄養を与えることでうるおいとツヤがでます。

ハーバニエンスの保湿成分はコラーゲンやヒアルロン酸、シロキクラゲ多糖体など、いくつかの保湿成分をブレンドしてるから、髪にいい保湿成分、地肌にうるおいを与える保湿成分がそれぞれ役割分担をしながら、うるおいとツヤを与えます。

いくら洗浄成分と保湿成分がよくてもほかの添加物、たとえば合成着色料などは髪に残留するため本来は配合しなくてもいい成分ですが、見栄えのために配合されています。ハーバニエンスは負担になる合成着色料など不使用のため、限界はありますが、使うほど髪をきれいにします。

↓さくらの森ハーバニエンスがお得に↓

ブリーチやカラーを何度もしていてダメージがひどいならオーガニックシャンプーより、コーティングとダメージ補修するものを使うと髪をきれいにできます。カラーダメージもほとんどなく、バージンヘアといった健康的で自然な髪も求めるならハーバニエンスが好ましいといえます。

ハーバニエンスはシャンプーで栄養を補給しながら洗い、コンディショナーで髪に栄養とうるツヤを与えるという使いかたをします。どちらかというと軽めの質感だから、たとえば、重い質感が好きならコーティング系を使ったほうが好ましいかもしれません。

コンディショナーは安価なものでもいいと聞いたことがあるかもしれませんが、栄養成分やコーティング成分などレベルが違うためセットで使うことで効果が上がります。安価なものはシリコン被膜でコーティングするだけのものが多く、塗りたくったあとキューティクルごとベリベリ剥がれたり、シャンプーの栄養成分が髪に浸透しないなど使うほどに負担が大きいといえます。シャンプーとコンディショナーの相性が悪ければ効果が半減したり、相性が良ければヘアケア効果がアップします。ハーバニエンスがオーガニックシャンプーとしてお気に召すますように。

コメント