シャンプーの解析はあてにならないと知ってるあなたへ。自分で見つける方法とは?

大混乱!シャンプーの解析はあてにならない!すでに多くの方がシャンプー解析でいいとあったから使ってみたらダメだったという経験をしています。シャンプー解析があてにならない理由はいくつもありますが、、、。

あてにならないシャンプー解析ですが、すでに多くの方が経験しています。いいって書いてあるから使ってみたら髪質がひどくなったサイテー、ネット情報なんかあてにならないという方も大勢います。その理由は、シャンプー解析は成分だけで解析してるのが大半だから。基本的には、シャンプー解析は成分だけを見れば誰でもできるし、高いシャンプーは成分がいいので評価は簡単です。さらに、ランキングや格付けをすれば、すごそうなシャンプー解析サイトに。あなたに難しい成分とよくわからない根拠を見せてすごいでしょ!と胡散臭い評論家のように難しい成分とエビデンスもどきを見せているのがシャンプー解析サイトです。

シャンプー解析サイトがあてにならないのは、、、。成分だけで判断してるので配合の割合いはわからない、安いシャンプーでも成分だけなら立派なものもある、シャンプーメーカーのコンセプトを無視すれば成分がダメなシャンプーも、洗い心地のレビューをしてよくないからダメという評価もありますが質の高いアミノ酸シャンプーほど泡立ちは悪い、レビューの写真は加工できる、メーカーのコンセプトを理解していない場合も、ラウレス硫酸ナトリウムとオレフィンスルホン酸が悪いといえばプロのように演出できますが補助洗浄成分としても使われるので絶対に悪くはないのに悪いと決めつける(主成分として使われるシャンプーは洗浄力が高い傾向、日本は軟水なので浸透しやすく混ざりやすいので必要以上に性能を発揮している。日本のシャンプー解析サイトで好評価のシャンプーを硬水で有名なイタリアで使うと泡立ちが悪くダメなシャンプー)、流れ作業のようにアレコレと1回だけ試してるだけ、がんばっているふりをしているサイトもあります。

シャンプー解析があてにならないというユーザーは、、、。シャンプーは頭皮を洗うものと理解していないか補修成分がものすごく効くと誤解している、シャンプーの仕方が自己流なので推奨された使い方をしていない、使ってすぐの感想なので成分が浸透していないし直ぐに効果があるのは成分が強すぎる、かゆくなったのはすすぎが足りていない場合も、ボトルがボロくてダメだからシャンプーもダメという方もいますがボトルの金型が数百万円するので成分にこだわるメーカーほどボトルがダサくなります。アミノ酸シャンプーは相性問題が多く美容室ですすめられたシャンプーでさえほんとうに合わないこともあります。

あてにならないシャンプー解析。まったく役に立たないわけではなく参考程度。シャンプー解析は成分と値段とシャンプーのコンセプト、法律上に適正価格があるうえに、値段の高いシャンプーは成分がいいので値段が高くなります。ぜひ、3千円以上のシャンプーと500円くらいのシャンプーを1ヶ月くらい交互に比較してください。圧倒的な仕上がりの違いにおどろくでしょう。コンセプトがはっきりしてるシャンプーは、多くあります。痛み髪が気になるなら今すぐヘアケアをはじめられます。痛み髪ならケアをお急ぎください。

どうせ安いでしょ、ボトルの価格を知った結果。

TOSEIYOKI オリジナル容器の製作

株式会社セミー工業 プラスチックの金型費ってどれくらい

現役美容師による解説を知りたいあなたへ。

カミナチュラ シャンプーを解析・分析することの意味、美容師としての見解

場末のパーマ屋の美容師日記 シャンプー解析じゃわからない 良いシャンプーとは!?

高いシャンプーは胡散臭いと思うあなたへ、認められています。

公正取引委員会 消費者取引に関する業務

コメント

タイトルとURLをコピーしました