DO-Sシャンプーの解析は最悪でも口コミが好評の理由を解説

DO-Sシャンプーは美容師が作ったシャンプーらしいけど、解析サイトでは最悪の評価、使っている人からは好評。使い方とかで効果が違う?

DO-Sシャンプーはすっぴん髪にするシャンプーだから、直毛は直毛、くせ毛はくせ毛、ダメージ髪はダメージ髪のままというふうに本来の髪質にすることで、ドS美容師の施術技術を最大限に引き出します。Webや美容室で販売されている高いシャンプーは髪を擬似的に補修したり、シリコンや皮膜などの成分によって髪にツヤをだしたりなめらかにします。DO-Sシャンプーは引き算の商品のため余計なものを落として、素髪を素髪のままにする商品です。DO-Sシャンプーを使っている人に好評なのは、もともと素髪がきれいだったり、通っている理美容室の技術が高いからです。シャンプーとトリートメントは自宅のヘアケアと理美容師に依存し、正しい使い方をすると加工しなくても素髪はきれいです。美容室の施術は素髪に戻したあとに髪に必要なトリートメントやカラー、パーマ、縮毛矯正をすることで髪をきれいにします。しかし、髪に余計なものがあると髪の状態がわからないため、施術が正しくできずに髪がボロボロです。

DO-S公式ショップ

また、理美容師の技術力や道具も影響し、メーカーメンテナンスを受けていないハサミなどを使っていると毛先がまとまらず仕上がりも悪いです。

ミズタニシザーズ  研ぎ/調整

DO-Sシャンプーの悪い口コミは使いこなせてなかったり、すっぴん髪というコンセプトを理解してない人が多めです。DO-Sシャンプーの使いかたは洗浄力があるため難しく、髪質や毛量を見極めないと髪がパサパサしたり、抜け毛が増えます。値段は高いですが、コンセプトを理解し扱いきれるなら最高の商品です。美容室オリジナル商品のコンセプトは2つあり、美容師の技術を最大限に引きだす商品と、万人向けにすることでヘアケア効果を上げる商品です。DO-Sシャンプーのように美容師の技術を引きだす商品は理美容師の技術力も必要なため美容室ジプシーの人や、よくわからないけど美容室に行っているなら、使っても効果がわからないし、最悪なシャンプーです。扱いやすいのに髪と地肌に負担をかけずに素髪をきれいにする美容室オリジナル商品やWeb販売の同価格帯のヘアケアを目的とした商品はあります。コンセプトが違うと成分も違うため仕上がりも違います。人気美容室の商品やWeb商品は髪のダメージが減り扱いやすく、美容室のカットや施術もうまくいくと好評です。

コメント