イイスタンダードシャンプーなのに髪がパサつくことについて

髪と肌に良さそうなノンシリコンのイイスタンダードシャンプーを使っているのに髪がパサつきますよね。イイスタンダードシャンプーは美容成分はたっぷり配合ですが、洗浄成分が強いため髪がパサつきやすいですよ。

シャンプーは髪と地肌を洗うものです。地肌と髪を洗う成分は界面活性剤といい、本来は混ざりあわない水と油を混ぜる作用があります。シャンプーの洗浄力が強いとか弱いというのは可溶化という混ざりやすいか混ざりにくいかを指しています。イイスタンダードシャンプーに配合されている洗浄成分のオレフィンスルホン酸はアミノ酸系ですが、可溶化力が強いためヘアケアとして好ましくない成分です。安価なシャンプーに配合されることも多く、ヘアケアのために使っているのに髪の悩みが増えていきますよ。ただし、ブリーチの発色をよくするムラサキシャンプーに配合されるため目的があっていれば有効な成分です。

岡畑興産 オレフィン(c14-16)スルホン酸Naとは?効果や安全性を解説!

イイスタンダードシャンプーのように洗浄力が強い成分をつかうと脱脂といい、髪と地肌の油分がなくなり乾燥しやすくなりますよ。さらに、摩擦によるダメージを防ぐシリコンが配合されていないノンシリコンシャンプーだから擦れることで脱脂しやすく髪のパサつきが気になりますね。イイスタンダードシャンプーは値段のわりには洗浄成分にこだわっていないアイテムです。髪がパサつくから地肌にも負担がたかく薄毛などの悩みと本来は使わなくてもいいヘアケアアイテムが増えていきますよ。髪のパサつきは洗浄成分にこだわったシャンプーを使うだけでまとめることができます。美容成分だけなく、髪と地肌に低刺激な洗浄成分にこだわったシャンプーを使ってくださいね。

【PR広告】【LUVHAIR(ラブヘア)】

コメント